健康常備学

飯田橋、頭、自律神経、マッサージ、リラクゼーション

自律神経の働きを高める”運動”の秘訣とは!


自律神経にとって効果の高い運動とは?どんな運動でしょうか?


1つは、左右均等な運動をする事です。
片寄のある運動をすると、身体の歪みを生じ安くしてしまい、
自律神経が乱れる原因になりやすいです。


左右均等な運動は、身体が歪みづらいため、身体の調整に適しています。


2つ目は、一定のリズムを刻む運動です。
一定のリズム運動をすることで、副交感神経を活発に働かせやすくする
セロトニンというホルモンの製造を助けてくれます。


この2つの動きを兼ね備えている運動を具体的に挙げると
ウオーキング、自転車、水泳、ジョギングです。
これらの運動は、左右均等な動きで一定のリズムで行う運動であり
自律神経を整えるためには最適です。


特におすすめしたいのがウオーキングです、
ウオーキングは他の運動と比較しても、負担が強くなり過ぎないという特徴があり、
また、最も手軽に行える運動だからです。


少し息が切れる、汗がでたりするくらいの負担をかけると
適度な有酸素運動となり、より効果が高まります。