自律神経失調症

自律神経、頭痛、飯田橋、不眠、ストレス

そもそも自律神経って??

 

自律神経とは、自分の意思とは関係なく、
刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしてくれている神経のことです。


手を動かす、足を動かす、ということは意識すればできますが、
これは体性神経、という神経の働きになります。


逆に、腸を動かそうと思ってもできませんし、心臓の働きをコントロールして
意識的に血液を流そうとしても出来ません。


この“意識してもできないことは、全てと言ってよい程
自律神経がつかさどっています。


内臓を動かす、血液を流す、栄養を吸収する、老廃物を回収する、などです。


自律神経の構造はというと、
正反対のはたらきをする「交感神経」(活動モード)と
「副交感神経」(休息モード)の2つからなり、
この2つがシーソーのようになっていて、
「交感神経がたかまれば副交感神経が休む」「副交感神経がたかまれば交感神経が休む」
といった具合に、バランスをとりながら働く事で健康状態を保っています。


そして現代は、「自律神経」が乱れていることが原因となって、
さまざまな不調があらわれている方が多くいらっしゃいます。
疲れがとれない、眠れない、肩がこる、といったものから大きな病気、
そして、精神的な病ににいたるまで!
自律神経の乱れが原因であると考えられる人が急激に増えてきています。